So-net無料ブログ作成
検索選択

土曜のこと [親ばか]

24日土曜、今年の夏、最後の盆踊り大会に女房殿と我が子が行ってきました。

私はといいますと土曜出勤で、少々お疲れモードでしたので家で焼酎を飲みながらのんびりさせてもらいました(笑)。

さてさて、今回の盆踊り会場はそこそこ歴史あるお寺で開催されており、町会長も力をいれていて、土曜は浴衣コンテスト、日曜は芸能人をよんだりと毎年盛大に実施されております。

そして土曜!そうです浴衣コンテストに我が子もエントリーしたそうで、そこで特別賞を頂きました。


2013浴衣.jpg

浴衣の柄は、女房殿が数点チョイスして、最後は私の決断で選んだ品です。

入賞が25人、その中で特別賞が5人だったそうで、まあ参加総数は聞かないこととして(笑)、「頑張った!」と褒めてあげました。

今日から2学期が始まります。

昔は9月1日だったものですが、土曜が休みになったせいか、時間割等、昔とかなり違いますね。

電子ピアノ [親ばか]

とりあえず、面白がって週一のピアノ教室に通い続けております我が子。

いままでは家ではオモチャのミニピアノで練習してましたが、いよいよそれでは練習にならないと思い、買っちゃいました。
(となりのテレビは、いまだにブラウン管21型なのに(笑))

2013041004220000.jpg

まあ本格的な方からすると、電子ピアノでは絶対音感が養えないというご意見もあるようですが、まあそこまで極めなくても楽しくやれればいいかな。と思う父ちゃんです。

あ!気がつかれた方もいらっしゃるかと思いますが、椅子は日本が世界に誇るドラムメーカーTAMAの一品です。

安定感抜群です(笑)

ちょっとかっこいいパート2(笑) [親ばか]

日曜に学校開放へ行ってきました。

基本一輪車に乗りたがった我が子に付き合ったのですが、雲梯もできるといいやり始めました。

2012120215420002.jpg

ん~~体育会系だなぁと唸る父ちゃんでした(笑)

バスの中にて [親ばか]

先日、女房殿と娘がバスで駅へ向かう途中ご老人が乗ってきたそうです。

そこで女房殿が「おばあちゃんに席を譲ってあげようね」と言うと素直に譲ったそうです。

おばちゃんも6歳児に譲られて、最初ちょっと気兼ねしたようで「大丈夫ですよ」と言われたそうですが、座ってくれたそうです。

その話を聞いて私も沢山褒めてやりました。

以前帰りの電車の中で、塾帰りと思しき子供とその母親が並んで座ってまして、ある駅で老人が乗ってきて目の前に立っても見向きもせずに子供は参考書を読み、母親は全くの知らん顔をしていた姿に寒々しい思いをしました。

親は何の為に子供に勉強をさせるか、たいがいは子供の将来のためと言いますが、心の奥底では子供が行っている学校自慢をしたいがためなんだろうな~と思ってます。。。うちの親がそうでしたからね(苦笑)

ですから私はチョー親不孝息子です(笑)

明日 [親ばか]

いよいよ保育園最後の運動会です。

週の初めの予報では雨だったのが週中予報で曇り、そして今日の予報ではなんと曇りのち晴れ!

ん~日頃の行いでしょうか我が子の(笑)

なんでも今年から父兄が企画から手伝いに入って、職員父兄一体となって実施されるようです。

まあ最後なので、怪我もなく楽しく終われればと思います。

我が子曰く、お父さん王冠かぶって走るんだよと言ってます。。。ん~よくわからん

あ!走る練習してない(爆)

転ばないようにしなければ・・・(汗)

洋服 [親ばか]

今朝方、会社へ行こうとすると娘が「ちょっとまって。」と引き留めます。

「お着替えするから見ていって。」とのこと

土曜に女房殿が発注していた子どもの春服が届いて、それをさっそく着てご満悦だった娘。

しかし、たしかに着る洋服で我が子ながら印象が違うのです。

土曜にご披露しているのですが、本日もしたかったようで(笑)

仕方がないので着替えが終わるまで、しばし休憩。。。

子ども「見ていいよ~!」
そうなんです、着替え中は「恥ずかしいから見ないで」とのことで(笑)

親バカですが、春物の薄手のワンピース、下に白いシャツが付いていて、胸元におおきなリボン
それと合わせた小さいリボンがついたシュシュ
たしかによく似合ってます(笑)

写真撮ろうとしたら、「写真撮らないで」だそうで(笑)

いよいよ照れると言う感情も出てきたようです。

怒濤の更新(笑) [親ばか]

東京の東の外れにも水元公園という場所がありまして、結構広いです。


水元公園1.JPG
はい~危ないよ~どいたどいたー(笑)

チャレンジャーです。でも両脇をつかんでスピードの調節はしているようです



水元公園2.JPG
あたし、クマじゃないわよ!

森とまでは言い難いですが、林程度の自然が残ってます



デズダンボ.JPG
ダンボデカイっす(笑)

東京の東の外れはディズニーランドが近いというメリットがあります(笑)



髪切る前.JPG
ちょっとしたハードロックのおねぇさん系でしょ!

生まれてから、まだ一度も髪を切ってませんでした



髪切った後.JPG
ちょっとした、下町のおばはん系でしょ!(笑)

ん~難しいところだな(笑)
切った髪の毛で、何かしよう(筆の作成)とも思ったのですが、まぁ親ばかかなぁと考えて止めました(笑)



誕生日.JPG

今年は、やっとケーキを食べた娘です
ん~池袋の先までケーキを取りに行ったかいがあったな!
暑い中、父ちゃん報われました(笑)



虹.JPG

東京の東の外れでも虹が見えました
しかし、今年は虹がよく出ますね
まぁラッキーと前向きに考えましょう



ララポート1.JPG
ひゃっほ~い!

ララポートの会員制の施設だそうです
女房殿がママ友さんと行ってきました



ララポート2.JPG
綺麗に撮ってね

やっぱり女の子ですね(笑)
いつか白いドレス着て嫁に行くんだろうな
まぁ君には君の人生がある!とは思うんだけど、自称サーファーとか、タトゥー大好きとか半端な男は勘弁ね(笑)

今日から園服と園帽 [親ばか]

無事進級できました(笑)

20090401080543.jpg

今日から新しいクラスです
幼稚園に転園してしまった子もいるようで、そのかわり新しいお友達も入ってくるようです
まだまだ、君の人生さきは長いぞ!
張り切って行こぉ~~(笑)

七五三撮影 [親ばか]

なかなか写真屋さんも考えるもので、今撮影すると30%OFFなどというチラシに誘われ娘の写真を早めに撮影してしまいました(笑)

よ~し出発じゃ!
七五三撮影1.jpg

しかしメットがデカイなぁ(笑)
これでも一番小さくて軽いのを買ったんですけどね
最初は被るのを嫌がったのを、かっこい~~とかおだてたら被ったらしく、そのノリは父ちゃん譲りかもしれん(笑)

さてさて
お着替えしまして、まずは和服から

七五三撮影2.jpg

ん~~~着物に着られてるけど、かわゆいのぉ~(笑)


はい、お着替えしますよぉ~

七五三撮影3.jpg

ん~~~ドレスもかわゆいのぉ~(笑)

いや~幼児とはいえ女の子ですねぇ、衣装と化粧でびっくらこいちゃうくらいに変わります
こりゃ、何十年後に結婚式とかなったら、はっきり言って泣きます!!(きっぱり)(笑)

さてさて、怒濤の90分の撮影会が終わりまして、ちょうど家でお昼ご飯。。。。。
も食べ終わる前に
七五三撮影4.jpg

父ちゃんの腕枕で寝てしまいました。。。こんな風に寝るのも、あと数年だろうね

お風呂 [親ばか]

まだまだ娘は父ちゃんとお風呂に入ってくれてます。。。時間の問題と覚悟はしてますが(笑)
そこで、湯船に入るときのやりとり
私「あったまるひとー」
娘「はーい」
私抱きかかえながら「あーっぷ、あんど、だうーん」と英語で(笑)湯船に入れます
つぎに
私「とうちゃんもあったまっていい」と娘に聞きます
娘「だーめーよ」最近はNOといえる日本人になりました(笑)
私「しかし、とうちゃんもあったまっていい」と再度申し入れ
娘ニタニタしながら「だーめーよ」
私「それはそうと、とうちゃんもあったまっていい」と話を転換するように再度申し入れ(笑)

こんな他愛もないやり取りを数回繰り返して最後に
娘「いーいーよ」と円満解決(笑)

そんなやりとりをしながら、ふと自分の時を考えました

高度成長の時代、働きづめのオヤジと風呂に入ったことが何度あったか

家に風呂がある家なんて何軒あったか

でも、そのかわり銭湯はあっちこっちにあって1丁目の平和湯、2丁目の地蔵湯、3丁目の七福湯、4丁目...思い出せない(笑)etc
本当に丁目に一軒は銭湯があったものです

たしか今は上記銭湯は一つも残ってないはずです

それじゃ当時オヤジと銭湯に行ったのかというと、そんな思い出もなく
だいたい父親の会社は江東区砂町にあり、広い敷地に工場と社宅と共同浴場まであって、オヤジはそこで仕事終わりに入ってきてしまうので、家に帰ってから銭湯に行くなんてことはなかったのです
まして24時間体制の工場で日勤夜勤と機械を止めることなく稼働させてた、そんな時代でしたから土曜なんて仕事が当たり前、たまの日曜祝日。。。しかしどう考えてもオヤジと銭湯に行った記憶が無いんです。。。貧乏だったから家では我慢してたか(笑)

でも工場の敷地の共同浴場に何故か2度ほど入った記憶がありまして(笑)
その時はオヤジに工場見学させてもらって、その後に銭湯よりは小ぶりでしたが、十分な大きさの湯船にオヤジと浸かってましたっけ
そうそう、銭湯と違って浴槽が木で出来ていたのが印象的でした。。。
メッセージを送る