So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

母の薔薇 その2  [思うこと]

2017010416150000.jpg
今年の一月に猫の額の庭から伸びて、二階のベランダに侵入してきた薔薇(上の画像)を紹介しましたが、なんと今月になって、再び侵入してきました。

2017051206270001.jpg

数が増えております(笑)、ん~~やはり母親の「どんなもんだい、私の薔薇!」というアピールでしょうか(笑)

くしくも来週は母の命日です。仏壇はありませんが、写真をリビングに飾って毎日見られるようにしています。
やはり墓まで来いってことでしょうか(笑)

2017051206280000.jpg

ササユリです。
母はヤマユリが好みでしたが、こういう楚々としたユリもいいものですね。





nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

病院にて [思うこと]

一概には言えないのですが、ご夫婦の場合たいがい旦那さんの付き添いで奥様が一緒に来院されているケースが多いです。
まあ、基本は自分のことは自分でと一人で来られている方が大半ですが。。。

そこで、見ていて思いますのが、大概の旦那様は亭主関白ですね(笑)

前回の外来の時のこと

待合廊下にて。。。

再診機の受付番号が掲示板に大きく表示されて、該当番号の方の入室OKなのに、誰も診察室に入りません。

すると診察室からマイクを通して、廊下のスピーカーから患者さんの氏名が呼ばれました。

医師「●●さん▲▲室にお入りください」

すると付添の奥様らしき方が診察室の扉を開けて「申し訳ありません、さっきまでいたんですが・・・ちょっと探してきます」
と探しに行き、その間数分して医師が次の順番の人を先に診察室にいれました。それもそのはず、結構人気の医師なので、予約があっても下手をすると一時間待ちという状態になってしまうからです。

そうこうしているうちに付添の奥様がご亭主を連れてやってきました。

ご亭主「だって、あんまり待たせるからよ」
奥 様「みなさん順番で待っているんだからしょうがないでしょ!」
診察室前にて
ご亭主「なんだ、入っていいのか」
奥 様「やめなさい!次の人が入ってるんだから、だいたい居ないのが悪いんでしょ」
ご亭主「なんだよ」

数分後とりあえず、入っていた方が出てきたので、診察室の扉を開けて、医師へ連れてきた旨を伝えたのですが、すぐには対応してもらえず。少々待つことになったようです。

ご夫婦はかなり険悪な状況で、旦那さんは手持無沙汰で待合の席を立ったり座ったり
奥 様「もう、じっとしててよ(怒)」

というような事がありました。

最近キレる初老男性が話題になっておりますが、やはり思うのは「威張ってはダメ」だなぁと自分自身気を付けています。

早い話が、自分の思うようにいかないからキレるのであって、若いころならともかく、歳をとったら気持ちにゆとりを持ちたいと思うのです。

しかし、近頃では復興大臣様が記者にキレたり、内閣総理大臣様が国会の質疑でイライラ状態で読売新聞読んでくれとか、我が国を背負って立つ方々が・・・・・どうかしちゃってますからね(笑)

ま、それはさておき「人のふり見てわがふり直せ」といきたいものです。
nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

少し前のこと [子育て]

両国から船に乗ってぇ浅草に着いたぁ~(笑)

場末の下町に住んでいながら、初めてのコースでした。

そういえば江戸東京博物館も両国国技館も行ったことがございません(笑)

とりあえず父親と二人の外出を嫌がらない我が子です。

2017040410490000.jpg

天気も良く、なかなかのお出かけ日和でした。

2017040410490002.jpg

2017040410530001.jpg

さてさて目的地はここです

2017040413210000.jpg

花やしき!

もっと寂れているのかと思いきや、なかなか盛況でした。

生まれが観音裏の飲み仲間殿に聞きましたら、昔は入園料がなかったとのこと、今はキッチリとられるのですが、面白いのが園内の飲食できる店に園外からも入れる出入り口があるのです。

ん~混雑してたら園外から入って園内へ行けるのでは!?とセコイ考えの私でした(笑)

2017040413500000.jpg

園内の狭いスペースを疾走するローラーコースター、なんと私が生まれる前から仕事してたんですね。

それと写真は撮れなかったのですが、スペースショットという下から一気に上に登っていくアトラクション、なかなか血圧によくありませんでしたが、きれいになったゴロゴロ会館が見られて爽快でした。

そうそう、かなり前に本で読んだのですが、人間死ぬと肉体から魂が離れて一気に上昇するという話らしいです。。。きっとこういう感じなのかな、などと思いながら「ありがと~」と叫んでいて子供に笑われました(笑)

そんな春の一日でした。
nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [子育て]

2017032612580000.jpg

向かって左から女房殿、我が子、私の靴です。

女房殿と我が子の靴のサイズ、その差1.5cmとなりました。

繰り返しになりますが、子育てとは本当にあっという間ですね。

確かにここに至るまでは、いろいろありました。

でも過ぎてしまえば、いい経験をさせてもらっていると思います。

そうそう、我が子の靴が生意気にもアシックスになりました(笑)

私がスニーカーはアシックスに決めているので、これは私の影響なんでしょうね。

片付けが下手なのも親の影響ですね。。。反省です(笑)



nice!(17)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春遠からじ [独り言]

2017031314070003.jpg

桜の蕾が。。。しかし写真は後ピン(笑)、いわゆる後ろ側の桜の木にピントがあっているということです。下手ですねェ

この桜の木の下で、30年くらい前になりますでしょうか、花見をしたことがあるんです。

当時の私のバンド仲間と職場仲間だったのですが、この場所では最初で最後の花見でした。

わたしも場所取りシートを貼ることになれておらず、昼前にきてシートをペグで固定せず単純に敷いただけという間抜けなことをしでかし、午後に見に来たらシートは飛んでクシャクシャ、貼った場所には他の方がきっちり固定シートを貼っておられて、慌ててちょっと離れた場所をキープしたドジな思い出があります(笑)

ところがドジ話には上手がいまして、花見の宴が開始され参加していた職場仲間が彼女と復縁して、その嬉しさのあまりジャックダニエルのボトルをほぼ一人で飲みきり、かなり酔った状態で帰り道にポツリ一言

「すいません財布落としちゃいました」(驚)

一同驚愕、落とした本人酔っ払い、あの光景は死ぬまで忘れないでしょうね(笑)

慌てて私の家に行き、懐中電灯を手に自転車二台(私とバンド仲間のゲンちゃん)で公園に戻り捜索開始

助かったのは近場で発電機を持参して大規模に花見の宴をしていた会社グループがあり、その漏れてくる光が助けになりました

半ば諦めていたら、ゲンちゃんが「あったー」と歓喜の雄叫び

皆を待たせていた場所へ戻り、財布紛失本人をタクシーに乗せ一件落着でした

ちなみに、財布紛失本人は復縁した彼女さんと一緒でしたので、後は彼女さんに託した形です(笑)

今では当時の参加者のほとんどが音信不通です。

でもまぁバンドをやっていたから、そんな思い出もつくれたわけで、やはりバンドはいいな、なんて思うのです。
nice!(36)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花粉症 [思うこと]

まさかこの歳で患うとは思いませんでした(笑)

数年前から、もしやと思っていましたがギブアップです。

目がショボショボ、鼻がグシュグシュです。。。参りました。

そもそも昭和の時代に花粉症などは騒がれていませんでした。

天気予報で、花粉情報なんてやってませんでしたから。

しかし、ふと記憶の糸を手繰りますと、神経質な我が兄は中学の時に患っていたような。

でも、当時は花粉症より光化学スモッグのほうが深刻でした。。。遠い目(笑)

話は変わりますが、今度の休みに女房殿と髪の毛を切りに行くとのこと。

今朝がた我が子が私に、これをプリントできないかと相談を持ちかけられました。  
2017030906530000.jpg

これを美容師さんに見せるみたいです。。。しかし八重歯というより、牙じゃのう~(笑)

どうやらバッサリいくみたいです。



nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まさに三寒四温です! [思うこと]

本当に寒暖の差が激しいですね。

若い頃は、さして気にならなかったですが、加齢とともに身に沁みまくります(笑)

大昔、父親に「お前も、股引履きな」と言われたことを思い出します。

そう親父は寒かったのでしょうね、でも子供の私は全然感じていなかったのです。

これが年を取るということ。。。なのですね。

暖かかった日に、せっかちな我が家の沈丁花が咲き始めました。

2017022011090001.jpg


沈丁花というと、中学入学の準備で中学校まで母親と一緒に歩いたドブ板の道に良い香りとともに咲き誇っていたのを思い出します。

写真は我が家の猫の額の庭なのですが、なんと本当に猫が出入りしているのを先日知りました(笑)

この家に引っ越してきた当初、近所に野良猫(もしかすると飼い猫?)がいまして、その猫に庭にフンをされてはたまらないと、我が母は猫が侵入できないようにしたのです。

その結果、なんと今度はネズミが出没するようになったのです。

このネズミの被害は甚大でした。

最終的には天井裏で運動会を繰り広げる始末で、ネズミ取りの罠をいろいろ仕掛けては効果なしというイタチゴッコでした。

結果、二世帯住宅に建て替えるという切っ掛けにはなったのですが。

ですので、私的には迷惑かけなければ猫の出入りを自由にしておこうと思っているのです。


nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我が子の新たなる挑戦(笑) [子育て]

女房殿の実家に帰省した際にいとこ達がジェイボーなるものにはまっていたそうです。

本来はジェイボードというらしく、スケートボードは一枚の板ですが、ジェイボードは右足と左足の板が別になっており、それを左右に動かすと前へ進むというものです。

まぁバランス感覚を鍛えるにはいいように思います。

まして六年生になるとウインタースクールでスキーに挑戦するようですし、少々毛色は違いますが何事も練習しておいて損は無いと考え「お年玉で買う!」というのでおもちゃ屋さんへ買いに付き合いました。

2017010615190001.jpg

ちょっと練習しただけで、そこそこ上手く乗れるようになりました。

そういえば、ここは自転車乗るのに練習した場所でしたっけ。。。しかし、子育てってあっという間に時間が経過していきますね。
nice!(26)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の薔薇 [思うこと]

2017010416150000.jpg

生前母親が猫の額の庭に植えた薔薇です。

でも二階のベランダの中に入ってきたのは初めてです。

何かのメッセージでしょうか(笑)

先日女房殿が晩御飯の支度の際に指を切ってしまい、その夜は止血をして翌日母親が通っていた病院へ連れて行きました。

四年前には月に一度、母を連れて通院していました。

最初は徒歩で通院していたのですが、その時に診察室の待合で車いすのご老人と付添の方を見て、大変そうだなと強く感じたのを覚えています。

それが我が母も手押し車になり最終的には車いすとなり、それはあっという間でした。

いつだったかニュースで「いつ終わるともしれない介護」という言い方をしていて、それは違うんじゃないかなと感じました。

たしかに人それぞれだとは思うのですが、しかし私の経験から言わせていただければ、もし今、介護をされている方、もしくはこれからするであろう方に言いたいのは「介護は必ず終わる時が来ます。それもあっけなく。」だから気持ちをしっかりもって寄り添ってあげて欲しいです。

ただ認知症が進むと、介護する側として精神的にまいってくることは事実です。

その時はケアマネさんに相談して、デイケアやショートステイを利用して家から連れ出してもらうことも重要です。

そこで自分自身がリセットできます。

それと私は最終的に、自分は介護士で母は患者さんであると、ある意味、客観的にみるように心がけました。

というのも肉親であるという立ち位置は、感情をもろにぶつけてしまうからです。

こんなことが参考になれば幸いです。






nice!(23)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あけましておめでとうございます。 [思うこと]

本年もよろしくお願いいたします。

2017010106560000.jpg

初日の出は晴天に恵まれました。

しかし、年を追うごとに土手の上の人数が増えているように思います。

いろいろ理由はあるのでしょうが、間違いないことは何かの願いを持って寒い中、土手の上に来ているのでしょうね。

50も後半戦になってきて思うのは、因果応報という言葉です。

自らがしてきたことは良い行いも悪い行いも、必ず自分の身にかえってくる。

それをつくづく感じます。。。若い頃は、全く気にもしませんでした。愚かな若造でした(笑)
nice!(32)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る